総務省統計局が労働力調査(基本集計)7月分の速報を発表しました。

15歳以上65歳未満と定義されている生産年齢人口の減少に注目します。又、実際に就業している就業者数と完全失業者数の合計である労働力人口は7月実績比で2020年は約6.5%、さらに5年後の2025年は約10%減少することをどうのように受け止めるべきでしょうか。

>>>総務省統計局 8.29公表