障害者を多数雇用する中小企業を支援する目的の助成金ができました。

この助成金は中小企業事業主が障害者を雇用するための計画を作成し、その計画に基づいて障害者を10人以上雇用し、障害者の雇入れに必要な施設や設備などを設置・整備した場合に、それらにかかった費用の一部を助成するものです。

>>> パンフレット

高度外国人材活用のための実践マニュアルが作成されました。

平成19年の雇用対策法の改正により、外国人の雇用管理の改善、離職時の再就職援助が事業主の努力義務になりました。
一般的な外国人雇用の際の留意点をまとめた「外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するために指針」が策定されていますが、その後厚生労働省職業安定局の取り組みとして、「高度外国人活用のための実践マニュアル」が出されていますので参考にしてください。

>>>マニュアル